MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

【一括9800円で話題になったスマホ】SoftBank版『Xperia 5 Ⅳ』の付属品はどうなってるの?

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
xperia-5-Ⅳ-softbank-information

8月に大手家電量販店で一括9800円という衝撃の価格で投げ売りされたSoftBank版『Xperia 5 Ⅳ』ですが、購入してみたところ付属品が思ったよりもショボくがっかりしてしまいました。

今回は、そんなSoftBank版 Xperia 5 Ⅳの付属品チェックをしていこうと思います。

後半では、Xperia 5 Ⅳをより快適に使うために僕が使っているオススメのアクセサリーなどもまとめているので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。


目次

SoftBank版『Xperia 5 Ⅳ』の付属品をチェック!

先程もご紹介した通り、8月に大手家電量販店でSoftBank版 Xperia 5 Ⅳが一括9800円で購入できる投げ売りキャンペーンが開催されていましたが、僕の近くの家電量販店でたまたま在庫があったため購入しました。

その際の施策ではMNPで一括9800円、端末単体購入(移動機)で一括31800円で購入することができるようになっており、僕は普段からその店舗で買い物をするときにお世話になっているのでMNPで楽天から乗り換えをし購入しました。

xperia-5-Ⅳ-付属品

こちらが、SoftBank版 Xperia 5 Ⅳの付属品です。

左から化粧箱、スマホ本体、説明書とクイックスタートガイド…以上です。

あれ?これだけ?充電ケーブルとかないの?」と思った方もいるでしょう。

はい、「これだけ」です。

xperia-5-Ⅳ-付属品

充電ケーブルも保護ケースもSIMピンもな〜にもありません。

「物売るってレベルじゃね〜ぞ!」って台詞が頭に浮かんできそうです。笑

Xperia 5 ⅣのSIMトレーはSIMピン無しで取り出すことができるので付属していなくても納得ですが、充電ケーブルくらはせめて付属して欲しいというのが本音ですね。

ちなみに言うと、SoftBank版 Xperia 5 Ⅳを定価で購入すると115,200円です。

一括9800円でこの付属品ならまだ妥協できますが、定価購入した方からするとこれはありえないって思う方もおられるはずです…。


買っておいたほうが良いアクセサリーをご紹介

先程は少し愚痴みたいになってしまいましたが、ここからはSoftBank版 Xperia 5 Ⅳを快適に利用するためにオススメのアクセサリーをご紹介しようと思います。

現在僕が使用しているものなので、参考にしていただくと良いと思います。

ACアダプター

まずはACアダプターです。

僕が使用しているのは上記のUGREENのもの。サイズが小さいのに充電ポートが2つあり、USB PD3.0にも対応しています。コンパクトなので持ち運びやすく、出先での作業時や旅行、帰省のときに重宝していますね。

今だと、Amazonセールで定価の40%OFFで購入できます。

充電ケーブル

続いては充電ケーブルです。

こちらも先程と同じメーカーである、UGREENの充電ケーブルを使っています。

Amazonだと1000円以下で購入できるにも関わらず、100Wの超高速充電やUSB PD規格にも対応しています。

Anker
¥1,290 (2023/09/03 03:52時点 | Amazon調べ)

また、同様にAnkerの充電ケーブルもオススメです。こちらは60Wでの充電に対応しています。

UGREENの充電ケーブルは1本ずつ購入する形ですが、こちらのAnkerの充電ケーブルは2本セットになっています。

1本辺り645円と考えると、UGREENより安く充電ケーブルを購入することができますね。

この辺については、好みや必要とする充電ケーブルの量で判断して購入すれば良いと思います。

保護フィルム

xperia-5-Ⅳ-ガラスフィルム

SoftBank版 Xperia 5 Ⅳには保護フィルムが貼られていないので、事前に購入しておく必要があります。

僕は上記のガラスフィルムを購入しました。

貼り付け用のガイド枠が付属しているので、フィルム貼りが得意でない方でも簡単に貼り付けることができます。

さらにカメラ部分の保護ガラスフィルムも付属してこの価格なのでオススメですね。

また、上記のようなプラスチック素材のフィルムもあります。

こちらはサラサラとした手触りで指紋も付きにくいのですが、落とした時は割れてしまう可能性が高いので、万が一を考えるとガラスフィルムのほうが良いかもしれませんね。

保護ケース

こちらに関しては、完全に個人の好みですね。

僕はどちらかと言うとサラサラとした手触りで汚れが付きにくいもののほうが好みなので、レザー調の保護ケースを購入しました。

価格が価格なので精度は粗めですが、まぁ妥協できる程度ですね。

今回はこちらの安いケースを購入しましたが、Spigenのケースであればほぼ同じ価格でクオリティが高いケースが購入できるのでオススメです。


+αのアクセサリーでもっと便利に!

ここからは実際に僕が使用している中で、Xperia 5 Ⅳをより便利に使用するためにあったほうが良いアクセサリーをご紹介します。

必要か不必要かは個人の環境によって異なるので、参考程度にしていただければ幸いです。

マグネットシールを使えばMagSafe製品も利用可能に!

iPhoneのMagSafe機能を利用して、スタンドやバンカーリング、ウォレットになるアクセサリーなどがありますが、これらの製品はマグネットシールを用いることで、使用することができるようになります。

僕はこんな感じにケースにマグネットシールを保護ケースに貼り付けて使用しています。

これを付ければ、例えば車載用のMagSafeスタンドやMOFTなどのiPhone用アクセサリーも簡単に使用することができます。

ワイヤレス充電を使わなきゃもったいない!

Xperia 5 Ⅳは前モデルのXperia 5 Ⅲと異なり、ワイヤレス充電が可能になりました。

ワイヤレス充電はバッテリーの劣化が起こりやすいため使わない方も多いですが、Xperia 5 Ⅳの場合ワイヤレス充電でも『いたわり充電』という充電速度を落とすことでバッテリーの劣化を防ぐ機能が搭載されています。

ですので、正直使わないのはちょっと損かなと個人的には思うんです。

そこで僕が使用しているのは、こちらのNANAMIのワイヤレス充電器です。

ワイヤレス充電器の割には価格も抑えめでコスパが高いのでオススメです。

もう1つは、Samsungの45Wワイヤレス充電器ですね。

サムスン(Samsung)
¥8,500 (2023/09/03 05:00時点 | Amazon調べ)
Samsung-ワイヤレス充電器

こちらはちょっと良いお値段なんですが、シンプルなデザインで気に入っています。


【一括9800円で話題になったスマホ】SoftBank版『Xperia 5 Ⅳ』の付属品はどうなってるの? まとめ

xperia-5-Ⅳ

今回は、大手家電量販店で一括9800円という衝撃の価格で投げ売りされた、SoftBank版 Xperia 5 Ⅳの付属品チェックをしました。

購入者側で好きなアクセサリーを使うことができる、素敵なスマホになっているのではないでしょうか?笑

また、今回ご紹介したアクセサリー類に関しては、あくまで僕が使用して気に入っているものであり、全員に合うわけではありません。もちろん僕が紹介した製品よりももっと良いものもあるはずなので、お時間があるときに色々と探してみても良いと思います。

「こんな良いアクセサリーも知ってるよ!」って方はぜひコメントで教えていただけると嬉しいです。

それでは、今回はこの辺で。

最後までご愛読いただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

xperia-5-Ⅳ-softbank-information

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメントする

目次