MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

Apple、新型AirPodsにタッチスクリーンの搭載を計画か。AirPods最新情報まとめ

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
目次

新型AirPodsに関する特許技術が公開

海外メディアであるMacRumorsによると、AppleがAirPodsのケースにタッチスクリーンを搭載するための特許を出願したとされています。


特許情報の詳細

米国特許商標(USPTO)庁によって、先週公開されたこの特許は「Devices, Methods, and Graphical User Interface Interactions with a Headphones Case(ヘッドフォンケースのデバイス、方法、およびグラフィカル・ユーザー・インターフェース相互作用)」というもので、AirPodsとケース前面のタッチスクリーンの画像も公開されており、実用例を挙げながら説明されています。

また、この特許出願書類にはiPadとiPhoneに関する情報ノイズキャンセリングに関係する情報も記載されています。


実用例を提示して説明

実用例としては、タッチスクリーン上でアプリを動作させたり、特定のジェスチャーでSiriを呼び出して対応させる、天気情報をスクリーンに表示させる、Apple Booksの音声を再生させる、カメラを起動させ撮影・録画を開始するなど、多岐にわたります。

また、Apple独自のタッチをした際の触覚技術も搭載し、iPhoneを操作しているかのような操作体験はもちろん、スワイプや長押しなどのジェスチャーにも対応させるとしています。

もしこれが実現するとなると、Apple Watchの出る幕がなくなりそうですね…笑

現在はまだ特許を出願中

現段階ではまだ特許を出願中なだけで、これがそのまま製品化されるかはわかりません。

しかし、2022年に発売された新型AirPods Proではスピーカーが搭載されるなど、確実にアップデートが入っているためいずれはこのような「完璧なイヤホン」になるのかもしれません。

ただ、ここまで機能をモリモリにしてしまうと、価格もモリモリになってしまいそうですね…

情報引用元
AppBank:https://www.appbank.net/2023/04/05/technology/2439239.php
米国特許庁:https://image-ppubs.uspto.gov/dirsearch-public/print/downloadPdf/20230095263
MacRumors:https://www.macrumors.com/2023/04/03/apple-airpods-case-with-touchscreen/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメントする

目次