MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

iPhone 15 Pro Maxはペリスコープ望遠搭載になりそう

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
iPhone 15 Pro Max

さて、2023年10月頃に発表されるであろうiPhone 15シリーズですが、なんとiPhone 15 Pro Maxにはペリスコープレンズが搭載される可能性が出てきました。

目次

iPhone 15 Pro Maxにはペリスコープ望遠が搭載される?

ソース元は、スマートフォンのレビューからリーク情報まで幅広く扱う海外リーカーです。

投稿には『iPhone 15 Pro Maxのペリスコープヘッドは、こんな構造になっています。』と書かれており、下の画像が一緒にされていました。

iPhone 15 Pro Max
iPhone 15 Pro Max

1枚目の画像のタイトルには『Telephoto 15 Pro Max V-Periscope (Base)』と記載があり、その上のプロジェクト名は『iPhone 16,3』(iPhone 15 Pro Maxのことだと思われる)と記載があります。

また、各パーツのサイズや角度などが細かに記載されていることから、1枚目はiPhone 15 Pro Maxに搭載予定のV型ペリスコープの設計書ではないかと推測されます。

2枚目に関しては、1枚目の設計書を元にファンが作ったCG画像だと思われます。

Appleのペリスコープの特徴

1枚目と2枚目を見ると、中間に位置する筒の中で光を反射させ、イメージセンサーに取り込むと行った感じでしょうか。

Xperia 1Vのペリスコープレンズの仕組み
Xperia 1Vのペリスコープ望遠

通常のペリスコープ望遠の場合、Xperiaのようにレンズを重ねて設計することが多く、そのため本体の厚みが増加してしまうといった弊害がありました。

iPhone 15 Pro Max
Appleが設計していると思われるV型ペリスコープ

しかし、今回のAppleが設計していると思われるV型ペリスコープでは、レンズを重ねるのではなく位置をずらした上で反射させることによってペリスコープ機構を薄くすることができるため、本体の厚みを増やすことなくペリスコープ望遠を搭載することが可能になる可能性があります。

このままプロジェクトが進み、iPhone 15 Pro Maxにペリスコープ望遠が搭載されるとなると、Galaxy S23 UltraやXiaomi 13 Ultra、vivo X90 Pro Plusと肩を並べるカメラ性能になるかもしれませんね。

iPhone 15 Pro Max

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメントする

目次