MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

【MAGFLO for iPad レビュー】マグネットで吸着するiPad用VESAマウントを使ってみた。

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
magflo

どうもこんにちは、みっちです。

今回は、マレーシアのクアラルンプールでガジェットの開発やマーケティングを行っているWORLD GADGETSさんより、とある製品を提供していただきました。

その製品は「MagFlo for iPad」。世界初のiPad用のVESAマウントだそうです。

今回は、そんな「MagFlo for iPad」を実際に使ってみて感じたメリット・デメリットや気に入ったポイントなどをご紹介したいと思います。

先着で若干名であれば30%OFFの価格で購入できるそうなので、気になった方は公式サイトも是非チェックしてみてくださいね。

本製品はメーカー様からの提供を受けて執筆したものですが、忖度はしておりません。


目次

MagFloの特徴・スペック

magflo-ipad用vesaマウント

「MagFlo for iPad」はiPadをマグネット吸着することができるVESAマウント。モニターアームと併用すれば、iPadをデスク上でも浮かせることができます。

またマグネット吸着式のため着脱も簡単、そのマグネットも強力なので、デスクが揺れた際でもiPadが落ちてしまうことはなかなかなさそう。

対応機種や製品の素材、サイズなどは以下の表に記載しています。

製品名MagFlo for iPad 11インチMagFlo for iPad 12.9インチ
対応機種iPad Pro (2018 / 2020 / 2021 / 2023)
iPad Air (2020 / 2022)
iPad Pro (2018 / 2020 / 2021 / 2023)
素材アルミニウム合金 + シリコンアルミニウム合金 + シリコン
サイズ13.7 × 24.0 × 0.5cm14.5 × 26.5 × 0.5cm
重量350g480g
カラーグレーグレー
付属品マグネティックボード
専用ネジ、ワッシャー各6個
コの字コネクタ
マグネティックボード
専用ネジ、ワッシャー各6個
コの字コネクタ

MagFloのメリット・デメリット

MagFloのメリット・デメリットは以下の通りです。

MagFlo for iPad
総合評価
( 4 )
メリット
  • マグネット吸着で着脱しやすいのが良い
  • MagFlo専用のネジが付属する
  • 専用の90°ケーブルアダプターが付属する
  • デスク上のレイアウトをもっと自由にすることができる
デメリット
  • ネジの締め加減によってはネジ山がナメる可能性大
  • モニターアームの種類によってはiPadを下まで下ろせないので注意
  • 角度調整が難しい

iPad用VESAマウント「MagFlo」レビュー

まずはMagFloのパッケージ・付属品からご紹介します。

MagFloのパッケージ・付属品

magflo-ipad用vesaマウント

こちらがパッケージ。

開封すると、直接製品が出てくる感じです。

magflo-ipad用vesaマウント

付属品はこんな感じ。

左からVESAマウント本体、ネジ&ワッシャー類、コの字コネクタです。

ネジとワッシャーはそれぞれ6本ずつ入っていたので、もし失くしてしまったとしても2本までなら大丈夫だと思います。

magflo-ipad用vesaマウント
コの字コネクタ

こちらがコの字コネクタ。プラスチック部分のバリ除去処理などもきちんとされています。

使い方次第ではMagFlo以外でも使えそうですね、なんか考えておきます。笑

取り付け自体は簡単だが、ネジの締めすぎには注意

magflo-ipad用vesaマウント

MagFloをモニターアームへ取り付けたい場合は、付属するネジで固定するのみ。

ただし、このときネジを締めすぎるとネジ穴がナメてしまい、永遠に回り続けることになり取り付けが難しくなってしまいます。

ネジ止めをする際は締めすぎないように気をつけてください。

マグネット吸着で簡単に着脱が可能

MagFloはiPadの背面をマグネットで吸着する形になるため、着脱はとても簡単に行うことができます。

またマグネットの強度も十分で、僕の使用しているFlexiSpotの昇降時の揺れでも全く落ちる気配はありませんでした。

吸着の強さも、背面に傷ができるのではと心配になるくらいのガチッとした感じではなく、近づけるとパタンっと小気味良い音がする程度です。

またMagFlo表面はシリコンで加工されているため、装着したときの衝撃でiPadに傷がつく、なんてことはなさそうです。

角度調整が少ししにくいかも

magflo-ipad用vesaマウント

これはMagFloの重量が軽いことが原因となっているのですが、角度調整をしようとするとiPadが落ちてしまうくらいに力を入れる必要があります。

一応、iPadとMagFloを一緒に持って角度を変えることはできるにはできるのですが、いかんせん力を入れるためディスプレイへのダメージが心配です。

そのため、角度調整をしたい場合は一度iPadを外して角度を調整、調整後iPadを装着し直すというようにしたほうが良いかと。

iPadをマルチプルに使われている方の場合だと、作業によってはどうしても角度調整をする必要が出てくる可能性が高いため、ここの操作感がイマイチなのは少し残念かなと思いますね。

デスク上のレイアウト幅が広がる

magflo-ipad用vesaマウント

今まではデスク上のスタンドにiPadを置いて使っていたんですが、それだとその分スペースが取られてしまっていたんですよね。

ただ、MagFloを使うことでiPadが占有していたスペースが無くなり、かなりスッキリとしたデスクになったと思います。

また、付属するコの字コネクタでiPadの充電はもちろんできますし、USB-C ハブなんかを使えばそのままiPadで編集作業も簡単にできちゃいます。

僕の環境だとモニターアームが1つしかなかったのですが、モニターアームを複数持っている方であれば、PCモニター横にMagFloを設置することでiPadにアクセスしやすくなりますし、デスク上のレイアウトをより自由にすることができると思います。

モニターアームの種類によっては下がらないので注意

magflo-ipad用vesaマウント

探せばモニターアームでも安いものはたくさんありますし、MagFlo用に1つ買ってしまうのもアリかもしれません。

ただ一点考慮する必要があるのが、「MagFlo+iPadの重量<PCモニターの重量」ということ。

そのため、PCモニターの種類によってはアームの強さを最弱に設定しても、iPadが上の方に移動してしまう可能性が高いです。

Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥3,200 (2023/12/02 19:07時点 | Amazon調べ)

もしMagFlo用のモニターアームを購入するとなった場合、オススメはガス調整式ではなく、上記のようなポールに固定されていて高さ調節と前後調節が可能になっているもの。

これであればMagFloが上に移動してしまうことなく、自分の好きな高さでiPadを使うことができるので参考にしてみてください。


【MAGFLO for iPad レビュー】マグネットで吸着するiPad用VESAマウントを使ってみた。 まとめ

magflo-ipad用vesaマウント

今回は、「MagFlo for iPad」を実際に使ってみて感じたメリット・デメリットや気に入ったポイントなどをご紹介しました。

モニターと併用してiPadを使いたい方はもちろん、iPadメインでクリエイティブ作業をされている方にとってはかなり有用なアイテムになると思います。

加えて、デスク上のiPad専有スペースが開放されるので、その分他のもの置いたり自由にレイアウトをすることができるようになるところもメリットだと感じました。

公式サイトで先着若干名の方は最大30%OFFで購入できるそうなので、この記事を読んで気になった方はぜひ一度チェックしてみてください。

また、今回ご紹介した「MagFlo」の販売元であるWORLD GADGETSさんではApple製品に関する様々なアクセサリ類を販売しています。

こちらも、気になる方はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

最後までご愛読いただきありがとうございました。


弊ブログでは、製品のレビュー依頼やブログ記事に関する感想・質問などを随時受け付け中です。

感想・質問などはコメント、レビュー依頼などは以下の「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

magflo

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメントする

目次