MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

[作例多数]銘匠光学 TTArtisan 35mm f1.4 長期レビュー!中華製カメラレンズは安物買いの銭失い?

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
TTArtisan 35mm f1.4

どうもこんちゃ、みっちです。

今日のお話は『カメラのレンズ』についてです。

カメラってどちらかというと『ボディよりレンズにお金をかけるべき』みたいな雰囲気があると思うんですけど、まぁカメラのレンズってそんなに安いもんではないんですよね〜。

安いレンズでも純正であれば2万円近くは確実に超えますし、単焦点であれば自分の使える画角なのか使ってみないとわからないので、ポンポン買うってのも難しいよな〜と個人的には思っている訳です(特に学生さんはね)。

そこで、選択肢として出てくるのはやっすい中華製レンズだと思うんですが、『じゃあ安い中華製レンズって結局どうなの?』って話ですよね。安かろう悪かろうって言葉もあるくらいですし。

というわけで今回は、安い中華製レンズ代表と言っても良い銘匠光学さんが発売しているTTArtisan 35mm f1.4を長期間使ってみたのでレビューすることにします。

「カメラを始めたばかりでお金掛けられない」、「お金はあまりないけどカメラ楽しみたい」、「適当に安くてガシガシ使えるレンズが欲しい」って方はちょっとでも良いのでチェックしてみてください。

今回レビューする製品はこちら↓


目次

TTArtisan 35mm f1.4のメリット・デメリット

まずは、TTArtisan 35mm f1.4のメリット・デメリットについて簡潔にまとめました。

詳細については後で詳しく述べます。

銘匠光学 TTArtisan 35mm f1.4 単焦点レンズ
総合評価
( 4 )
メリット
  • 手を出しやすい価格帯
  • f1.4〜f16と絞り値が広く設定できる
  • 筐体が金属のため質感が高い
  • 価格に見合わない描写力
デメリット
  • マニュアルフォーカスのため、初心者は難しいかも
  • レンズフードがねじ込み式なのでひと手間かかる

TTArtisan 35mm f1.4 レビュー

では早速パッケージを…と思いましたが、みなさんが一番気になるところって結局作例ですよね。

というわけで、パッケージとかデザインとかゴチャゴチャ言う前にまずは作例を載せておきます。


作例(富士フイルム X-T200にて撮影)

TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例
TTArtisan 35mm f1.4の作例

以上作例でした。

個人的には1万円とは思えないほどよく映るな〜って感じましたね。

ではたっぷりと作例を見ていただいたところで、次はパッケージだったりデザインだったりを見ていきましょう。


パッケージ・レンズのデザイン

はい、まずはパッケージです。

ご覧の通り結構しっかりした作りの箱に入っていて、中はスポンジで固定されてますし輸送中に傷がつくなんてことはなさそうです。

説明書ももちろん付属しています。

ttartisan 35mm f1.4

レンズはこんな感じです。

金属製でとてもしっかりした作りになっていて、正直1万円のレンズとは思えない仕上がりになっています。

ただ、さすがに防水防塵対策のシーリングはされていないようなので、雨の日や黄砂が多い日に使うとあまり良くないかもしれません。

TTArtisan 35mm f1.4
TTArtisan 35mm f1.4

TTArtisan 35mm f1.4のデメリットを詳しく

では、まずはデメリットから説明していきますね。

マニュアルフォーカスのため初心者はちょっと扱いにくいかも

TTArtisan 35mm f1.4はマニュアルレンズのため、F値やピントは自分で合わせる必要があります。

そのため、必然的に撮影スピードは遅くなりますし、撮った後に見てみると実はピントが合ってなかった、なんてこともよくあります。

簡単に手早く撮影がしたいという方や、あまり撮影に関しての知識がない方が使うと、最初は戸惑うかもしれません。

レンズフードがねじ込み式のため収納する際にひと手間かかる

TTArtisan 35mm f1.4のレンズフードはねじ込み式のため、カバンにしまう際や取り出してレンズフードを取り付ける際にひと手間かかります。

ねじ込むために力がいるわけではないですが、カバンにしまう・カバンから取り出して撮影までの時間は、純正レンズ+純正レンズフードの組み合わせに比べるとやはり遅いです。


TTArtisan 35mm f1.4のメリットを詳しく

では次に、TTArtisan 35mm f1.4のメリットについて詳しく説明していきます。

手を出しやすい価格帯

TTArtisan 35mm f1.4の定価は10,800円となっており、カメラレンズの中でもかなり安い値段となっています。

また2年間の保証特典もついているため、もし使用中にレンズが壊れてしまったとしても交換してもらえます。

TTArtisan 35mm f1.4

f1.4〜f16と絞り値が広く設定できる

TTArtisan 35mm f1.4は、F値が1.4〜16とかなり広範囲です。また、f1.4はレンズの中でもかなり明るい方で、一般的にF値が小さければ小さいほど『暗所でもシャッターを切る速度を早くすることができるため、写真がブレにくい』、『背景がよくボケる』といたメリットがります。

実際に暗所で撮ってみても、F値を開放していればブレずに写真を撮ることができました。

金属製の筐体で高級感がある

TTArtisan 35mm f1.4

TTArtisan 35mm f1.4の場合、レンズ本体はもちろん、レンズカバーまで金属で作られているため1万円とは思えないほど高級感があります。

TTArtisan 35mm f1.4

機能を説明すると、上からF値を調整する『絞りリング』、フォーカスを調整する『ピントリング』となっています。

ピントリングはなめらかに回るのに対し、絞りリングは「カチッ、カチッ」といった具合に程良いクリック感があります。

ここもまた、ビルドクオリティが高いな〜と思うポイントですね。

価格に対する描画力がすごい

前半部分でTTArtisan 35mm f1.4で撮影した作例をご覧頂いたと思うんですが、約1万円という価格には見合わない描写力だと思います。

どちらかというと解像力バキバキという感じではなくオールドレンズっぽい写りで、全体的にふわっとした印象を感じますね。

中華レンズ…侮れないぜ…


TTArtisan 35mm f1.4 レビュー まとめ

今回は、『銘匠光学 TTArtisan 35mm f1.4』についてレビューしました。

中華レンズということでクオリティや写りには大して期待していませんでしたが、その考えを裏切られた良いレンズだと思います。

安くてガシガシ使えるレンズを探している方や、安くて手頃なマニュアルレンズを探している方にとってはおすすめの製品だと思います。

ぜひ一度チェックしてみてください。

TTArtisan 35mm f1.4

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメントする

目次