MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

【Apple製品についてさらに詳しくなるための講義①】MFI認証ってなに?

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
目次

そもそもMFI認証とは

MFI認証とは、『Appleがサードパティ製のアクセサリとApple製品との互換性を保証する』ことを示します。

認証済みのサードパティ製品にはMFIロゴが付き、Apple製品との互換性が保証されていることの証明になります。

メーカーががApple製品の充電コネクタやケーブルなどのアクセサリを製造する場合、メーカーはAppleとMFI(Made For iPhone / iPad / iPod)ライセンス契約を結ぶ必要があり、このライセンス契約のもとにMFi認証された製品には『MFiロゴ』をつけることができ、購入したサードパティ製の製品を使用するに当たってApple製品との互換性が保証されます。

MFI認証されていない製品を使うとどうなるのか

MFI認証されていない充電ケーブルやアダプタを使用すると、最悪の場合スマートフォンが故障する、発火するなどスマホ本体の故障があり得ます

また、このようなスマホの故障や火災などの被害が起きたとしても、Appleは補償を行う必要はありません

そのため、購入元のメーカーが補償をすればまだ良いですが、もし逃げられてしまった場合は自身が加入している保険や、自身がメーカーを相手取って訴訟を行い賠償請求をするといったこともありえます。

要するに、MFI認証はメーカーだけではなく使用する消費者の被害もAppleが一存して保証を行う、といった安全のための認証システムなのです。

画像引用元
Apple
MFI認証とは?-iPhoneのすべて

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメントする

目次