MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

【作例多数】FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ レビュー | コンパクト・軽い・よく写る、買って満足な1本だった

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ レビュー

順調にレンズ沼にハマりつつあるみっちです。

ほぼ毎日カメラを持ち歩いて、あっちに行ってはパシャリ、こっちに行ってはパシャリと写真を撮っていますが、単焦点レンズだと街中でスナップ写真を撮る時にちょっと画角が思ったのと違ったり、自分が動いて構図を考えるのがちょっと億劫なんですよね。結構人に見られて恥ずかしいのもありますし。

そこでズームレンズを探していたわけなんですが、かと言って重いレンズは使いたくないですし、できるだけコンパクトなズームレンズが良いな〜と。

そこで目をつけたのが、富士フイルムのキットレンズとして付属する『XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ』です。

筐体がプラスチックでできているため軽く、しかも収納時は非常にコンパクト。「こりゃ買ってみるっきゃないっしょ!」と思い、無事ポチりました。

と言うわけで今回は、実際に『XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ』を使ってみて感じたことや作例をお届けします。

初めてのレンズで迷っている方、コンパクトで軽いレンズが欲しい方、スナップからポートレートまで幅広くこなせるレンズが欲しい方は、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

富士フイルム
¥35,499 (2024/02/23 23:17時点 | Amazon調べ)

Twitterもやってます!
フォローしていただけると嬉しいです!


目次

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のメリット・デメリット

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のメリット・デメリットは以下のとおりです。

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ
総合評価
( 3 )
メリット
  • コンパクトで軽いため持ち運びがしやすい
  • ズームレンズのため、あらゆるシーンをカバーできる
  • フォーカスもそこそこ速い
  • 最短撮影距離が13cmのため、寄って撮影することができる
デメリット
  • レンズ側でF値の調整ができない
  • 耐久性に難あり
  • ズーム音・フォーカス音がうるさい
  • 起動が遅い
  • レンズ単体で購入するには高い
  • 広角で撮影すると4隅が思ったより歪む
  • リセールが悪い

こちらのメリット・デメリットについては後で詳しく説明します。

では、早速 FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZのレビューに入ります。


FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ レビュー

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のスペック

以下はFUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のスペック表になります。

レンズ構成9群10枚
焦点距離15-45mm
絞り開放:F3.5-5.6
最小:F22
最短撮影距離広角:13cm
望遠:35cm
最大撮影倍率0.24倍
最大径×長さ (mm)62.6×44.2
重量135g
フィルター径52mm

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のレンズ構成は、非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚を採用した9群10枚となっています。

ただこのスペックからは考えられないほどコンパクトに仕上がっており、ズームレンズにも関わらずレンズ収納時の全長はたった44.2mm、さらに筐体がプラスチックでできているため、重量は135gと非常に軽いのが特徴です。

また、これでいて広角23mmから中望遠68mmまでの画角をカバーしているため、ポートレートから街中のスナップ、風景撮影などオールラウンダーで活躍することができます。

加えてX-AシリーズやX-Tシリーズなどの背面液晶が回転するモデルであれば、自撮りだって難なくこなせると思いますし、OIS(光学式手ぶれ補正)も搭載しているため動画撮影でも活躍すること間違いなしです。

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ 作例

では、ここからはFUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ を用いた作例を見てみましょう。

撮影機材は FUJIFILM X-E4 を使用しています。

xc15-45mm 作例

こちらは、神戸の中華街での1枚です。空や照明の白飛びを抑えつつ、建物の影などの暗い部分はしっかり持ち上げて黒つぶれしていないことが分かると思います。

xc15-45mm 作例

こちらは近所の公園で撮影したネコちゃんです。

画像をズームして見ていただくと、毛の1本1本までしっかり捉えていることが分かると思います。

xc15-45mm 作例

中望遠の69mmで撮影すれば多少は圧縮効果を得られます。ただし、その分画質劣化もはっきりと分かるため、低照度下で撮影するのはなかなか厳しいかな、といった印象ですね。

xc15-45mm 作例

木の影の部分と、日が当たっている部分で光のコントラストがはっきり表現されています。

xc15-45mm 作例

こちらはFUJIFILM XC15-45mm の弱点が出てしまった写真と言っても良いかもしれません。

XC 15-45mm はXFシリーズと違い、F値の調整ができないため奥のメンマやネギがボケてしまっています。

ボケ自体は自然でキレイだと思いますが、物撮りをする際に被写体全てにフォーカスを合わせて撮影するのはなかなか難しいのかもしれません。

xc15-45mm 作例

こちらも中望遠69mm相当で撮影した1枚です。岩の陰影や濡れた部分がとても艶めかしく写っていますね。

波の白色と海の青色の部分の階調表現もしっかり捉えられていると思います。

xc15-45mm 作例

こちらは広角18mm相当で撮影した1枚です。

階段と両脇の手すりが写真の中心に向かっており、奥行きを感じる写真となっています。こういった奥行きを表現したい写真を撮りたい時は、やはり広角レンズは便利ですね。

xc15-45mm 作例

ここからはモノクロで撮影した作例もご紹介します。

こちらは1枚目と同じ神戸の中華街で撮影した作例です。

先程のカラー写真の時から「階調表現が広い」と言っていましたが、モノクロ写真になるとより顕著に出ているのではないでしょうか。

中央の人の足元にできている影、地面のタイル、ズボンの色、建物の陰、照明の明かりなど、濃淡がしっかりと表現されていると思います。

また、建物の陰も黒つぶれしているわけではなく、よく見ると潰れるか潰れないかのギリギリを上手く表現していると感じます。

xc15-45mm 作例

こちらの作例でも、屋根の木の質感や空の濃淡などがしっかり表現されていると感じます。撮影時は若干逆行下だったので空が白飛びするかと思いましたが、上手く捉えられていますね。

xc15-45mm 作例

こちらはモノクロの広角18mm相当での撮影です。一見すると良さそうな作例に思えますが、手前右に写っているおばさまが歪んでしまっているのが分かると思います。

撮影していて感じましたが、XC 15-45mm は広角で撮影すると4隅がそこそこ歪みます。もちろん広角なので、多少の歪みが生まれるのは必然です。広角で撮影する場合は被写体を中央付近に置いておくか、トリミングをして被写体を切り出して歪みを感じさせないようにする、などの工夫は必要かもしれません。


FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のメリット

ここからは、先述したFUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のメリットをピックアップして詳しく説明します。

コンパクトで軽い

最初の方でご紹介した通り、FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ はズームレンズにも関わらず、レンズ収納時の全長はたった44.2mm、さらに筐体がプラスチックでできているため、重量は135gと非常に軽く仕上がっています。

そのため、金属製のXFレンズと比べると長時間持っていても疲れにくく、また、電源OFF時は全長が44.2mmとコンパクトなため携帯性も高いです。

あらゆるシーンをカバーできる

作例を見ていただいた通り、FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ は広角18mmから中望遠69mmの幅広い画角をカバーしているため、スナップから風景写真まで幅広いシーンで活躍することができます。

また最短撮影距離も広角では13cm、中望遠では35cmと被写体に寄って撮影できるところもメリットでしょう。

フォーカス速度もなかなか速い

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ を使っていて感じたのが、フォーカス速度がそこそこ速い点です。

ピンポイントにフォーカスして撮影しようとするとピントが迷うこともありましたが、ワイドやトラッキングなどではバッチリピントも合い、さらにフォーカス速度もなかなか速いな〜と思いました。


FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のデメリット

では次に、FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のデメリットについて説明します。

レンズ側でF値の調整ができない

xc15-45mm

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ は絞りリングが搭載されていないため、レンズ側でのF値の調整ができません。

絞りを調整したい場合はカメラ設定で「絞り優先モード」にする必要がありますが、これらの設定は電源をOFFにするとリセットされてしまうため、起動するたびに設定し直す必要があります。

カメラによって設定方法が少し変わってくるので、これがなかなか面倒くさいんですよね。

耐久性に難あり

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ は、コストを抑えるために筐体がプラスチックになっています。もちろんマウント部分もプラスチックになっているため、落としてマウント部分が欠けたりすると一発アウトになる可能性が非常に高いです。

レンズ交換の際は気をつけたほうが良いと思います。

ズーム音・フォーカス音がうるさい

結構うるさいです。写真撮影時はあまり気になりませんが、動画撮影時は結構気にしますね。

静かな場所で撮ろうものなら、「ウィィィィィィィィィィィィィィン」「ガガッッガッ」「ジィィィィィィィィィィィィ」といった音に悩まされると思います。

起動が遅い

xc15-45mm

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ は、レンズが沈胴式で前へ繰り出すタイプのため、起動してから大体2秒程度は待たされることが多く、その間にシャッターチャンスを逃してしまうことがそこそこありました。

ただし、これはレンズをコンパクトにしたいなら仕方がないことなのかもしれません。

新品で購入するとリセールが悪い

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ の新品価格は、Amazonで31,500円となっています。

しかし、中古市場では大体2万円行かない程度の値段で取引されています。そのため、新品を購入するのはあまりおすすめできません。

購入するのあれば、メルカリやヤフオク、ラクマなどのフリマサイト経由で購入することをおすすめします。


FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ レビュー まとめ

今回は、FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ を使用した感想やメリット・デメリット、作例などをお届けしました。

もう一度、FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ のポイントをまとめると、

・コンパクトで軽いため持ち運びがしやすい
・ズームレンズのため、あらゆるシーンをカバーできる
・フォーカスもそこそこ速い
・最短撮影距離が13cmのため、寄って撮影することができる

・レンズ側でF値の調整ができない
・耐久性に難あり
・ズーム音・フォーカス音がうるさい
・起動が遅い
・レンズ単体で購入するには高い
・リセールが悪い

といったところです。

個人的には、コンパクトで軽いレンズが欲しい方には結構刺さるレンズだと思いますし、僕の使用用途には合っていたため満足しています。

ただ、購入するとしても新品はリセールの面でおすすめできないため、程度の良い中古品をAmazonやフリマサイトなどから購入することをおすすめします。

富士フイルム
¥35,499 (2024/02/23 23:17時点 | Amazon調べ)

また、当ブログでは、過去にTTArtisan 35mm F2 (MF) についてもレビューしています。

こちらはかなりおすすめのレンズとなっているので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

最後までご愛読いただきありがとうございました!

FUJIFILM XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 何度も何度も「18mm相当」って、自分で書いてて違和感ないんでしょうか。どこかの誰かが書いた情報を受け売りしているようにしか思えません。

    • コメント頂きありがとうございます。

      「相当」という単語が多くて違和感を覚えないのか、とのご意見ですが、「換算○○mm」と記載するよりは、「〇〇mm相当」と記載した方が個人的にはさっぱりとした印象だったため、この書き方をしています。

      「どこかの誰かが書いた情報を受け売りしているようにしか思えない」という点については、このレンズを購入するにあたって他の方のレビューを参考にしていたため、確かに書き方が似てしまっていることはあるかもしれません。

      ご指摘いただきありがとうございます。
      これからの書き方に参考にさせていただきます。

コメントする

目次