MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

【PITAKA MagEZ Case 5 レビュー】MagEZ Case 4との違いも合わせて紹介!

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
pitaka-magez-case-5

どうも、みっちです。

以前、PITAKAより「MagEZ Case 4」をご提供いただきレビューを行いました。

気に入ってその後も愛用しているのですが、今度は、「MagEZ Case 5を新しく発売したで!レビューしてな!」とメーカー様から連絡があり、またまた製品を提供していただけることに。

というわけで今回は、「MagEZ Case 5 「Moonrise・Sunset」「Break the Line」の3つの新しいケースレビューと前モデルとの比較記事となります。

前モデルである「MagEZ Case 4」から着実な進化を遂げた極薄極軽なスマホケースとなっているので、最後までぜひ読んでいただけると幸いです。

MagEZ Case 5 のポイント

MagEZ Case 4よりも5〜10g軽量約0.5mmほど薄くなった
アラミド繊維のおかげで汚れが付きにくい
カメラ部分もしっかり保護
薄くて軽い
MagSafeにもしっかり対応

本製品はメーカー様からの提供を受けて執筆したものですが、忖度はしておりません。


目次

PITAKA MagEZ Case 5 の特徴

pitaka-magez-case-5

「MagEZ Case 5」 は、Apple製品のアクセサリを主に製造しているケースメーカーであるPITAKAより発売されており、アラミド繊維を主な素材としていることが特徴。

対応するモデルとしては、15 Pro / 15 Pro Max の2種類が用意されています。

また今回ご紹介するMagEZ Case 5 は、同メーカーから出ているMagEZ Case 4のアップグレード版であり、PITAKAの最新技術となる「MagSafe 蝉翼(せんよく)™モジュール2.0」や「アンバーマグネットフィルム™」を採用し、 PITAKA史上最薄・最軽量のMagSafe対応ケースとなっているそう。

カラーラインナップは、グラデーションがキレイな「Moonrise・Sunset」、サイバー感漂う「Break the Line」の3色展開となっています。

MagEZ Case 4 との違い

前モデルのMagEZ Case 4 と、今回ご紹介するMagEZ Case 5「Moonrise・Sunset」、「Break the Line」で大幅に変更された点は以下の通りです。

MagEZ Case 4MagEZ Case 5「Sunset・Moonrise」「Break the Line」
厚さ:0.95~1.15mm厚さ:0.69mm
重量:18〜22g重量:13g

PITAKA MagEZ Case 5 のメリット・デメリット

PITAKA MagEZ Case 5 のメリット・デメリットは以下の通りです。

PITAKA MagEZ Case 5
総合評価
( 5 )
メリット
  • 前モデルよりもさらに薄く、軽量に
  • グリップ感がさらに向上
  • アラミド繊維採用で汚れにくい
  • グラデーションが綺麗でオシャレ
  • カメラ部分もしっかり保護
  • MagSafeにもしっかり対応
デメリット
  • 側面保護は非対応

PITAKA MagEZ Case 5 詳細レビュー

ここからはいつも通り、PITAKA MagEZ Case 5 の詳細レビューに移りますが、今回は「Moonrise・Sunset」と「Break the Line」の2つに分けてレビューの方を進めていきます。

Moonrise・Sunset

まずは「Moonrise・Sunset」のパッケージ・デザインについてです。

パッケージ・デザイン

こちらがパッケージ。表面にはそれぞれ名前が、裏面には簡単な製品紹介とグラデーションの紹介が記載されています。

pitaka-magez-case-5

開封すると、「Moonrise・Sunset」のコンセプトを紹介している紙が出てきました。

こちらは説明書で、ケースの脱着方法や独自コンテンツ(壁紙・音楽など)の説明が記載されています。

日本語には対応していませんが、英語に対応しているので特に問題はないでしょう。

本体デザイン

左:Moonrise 右:Sunset

こちらは本体デザインで、左はMoonrise、右はSunsetです。

pitaka-magez-case-5

こちらは本体裏面。MagSafeリングの表記と、それぞれに「Moonrise」「Sunset」とケースごとにカラーが記載されています。

ケース上側面の様子はこちら。

よく見ると、ケースがスマホのディスプレイよりも少し高い位置までカバーしているのが確認できます。

こちらは左側面。

前回ご紹介したMagEZ Case 4 と同様、音量ボタンとマナーモード切替スイッチ付近は保護非対応となっています。

本体下部はスピーカー部分から充電ポートまで切り抜かれています。

次に右側面。

こちらは左側面とは異なり、電源ボタン部分ギリギリまで保護されています。

こちらはそれぞれのケースに光を当てた様子。

グラデーションで色味の違いが表現されていて綺麗ですね。

さて、ここまでは「Moonrise・Sunset」についてご紹介しましたが、ここからはもう1つのラインナップ「Break the Line」についてご紹介します。

Break the Line

まずはパッケージ・デザインについてです。

パッケージ・デザイン

こちらが「Break the Line」のパッケージ。

表面にはモデル名、裏面にはケースへのこだわりポイントが記載されています。

こちらは説明書で、先程と同様にケースの脱着方法や独自コンテンツ(壁紙・音楽など)の説明が記載されています。

日本語には対応していませんが、英語に対応しているので特に問題はないと思います。

本体デザイン

こちらがケース本体。

「Moonrise・Sunset」と同様に「Break the Line」の記載とMagSafeリングの表記がされています。

各側面の保護範囲は「Moonrise・Sunset」と変わりませんね。

pitaka-magez-case-5

こちらは光を当てた時の様子です。

「Moonrise・Sunset」に比べると、ちょっとサイバーパンクっぽい雰囲気が出ているように思います。

背面のデザインですが、こちらは「Moonrise・Sunset」と異なり、「PITAKA」のロゴが下部真ん中から左に配置され、背面右部分には「Break the Line」の表記がされています。

カメラ部分もしっかり保護

pitaka-magez-case-5

MagEZ Case 5 は前モデルと同様、カメラ部分もしっかり保護してくれます。

あくまで僕の場合だと、今までスマホを落として一番壊れやすい部分はカメラか背面ガラスだったので、保護してくれるのはありがたいですね。

前モデルに比べグリップ感が向上

pitaka-magez-case-5

MagEZ Case 4 の厚さは0.95~1.15mm、それに対しMagEZ Case 5 の厚さは0.69mmと大幅に薄くなっていることがカタログスペックから見ても確認できます。

このおかげか、MagEZ Case 4 とMagEZ Case 5 では圧倒的にMagEZ Case 5 のほうが持ち心地が良いです。

汚れや衝撃にも強い

pitaka-magez-case-5

MagEZ Case5 はアラミド繊維を織り込んで作られているので、汚れはもちろん衝撃に対しても強くて丈夫です。

実は使用中に一度アスファルトに落としてしまったんですが、本体はおろかケースにすら傷が付いていませんでした。

落とし所が良かったのかもしれないですが、それでもケースにすら傷がつかないのは驚きましたね。

iPhone 15 Proモデルしか用意されていない「プレミア感」

今回ご紹介したMagEZ Case 5「Moonrise・Sunset」「Break the Line」は、iPhone 15 Proモデルしか対応しておらず、無印やPlusには対応していません

無印、Plusユーザーにとっては残念ではありますが、Proモデルを使用している人しかこのケースを使えないというプレミア感はあります。

俺はProモデルを使っているんだぞ!」とニチャニチャできるわけですね。

「Moonrise・Sunset」の価格は前モデルよりもちょっとお高めに

MagEZ Case 4 の価格は8,999円に対し、MagEZ Case 5 の「Moonrise・Sunset」の価格は9,999円と1,000円ほど高くなっています。

ただ、「Break the Line」の方であれば価格は8,499円とMagEZ Case 4 よりも安く購入することができます。

もしかすると、「Moonrise・Sunset」は背面デザインでコストが掛かってしまって価格が高いのかもしれませんね。

性能的には同じMagEZ Case 5 ですしお好きな方を購入すれば良いと思いますが、一応注意です。


【PITAKA MagEZ Case 5 レビュー】MagEZ Case 4との違いも合わせて紹介! まとめ

pitaka-magez-case-5

今回は、MagEZ Case 5「Moonrise・Sunset」「Break the Line」の3つの新しいケースレビューと前モデルとの比較をしました。

個人的には、前モデルであるMagEZ Case 4 よりもさらに軽量かつ薄くなり、そのおかげでグリップ感が増して持ちやすくなったことが一番の恩恵だと感じました。

また3つのカラーラインナップを用意することによって、自分の好みのデザインを選択できることもグッド。

「軽くて薄くてオシャレなスマホケースが欲しい」って方や、「汚れにくくて丈夫なiPhoneケースが欲しい」って方は、ぜひ一度公式サイトにてチェックしてみてはいかがでしょうか?

最後までご愛読頂きありがとうございました。


弊ブログでは、製品のレビュー依頼やブログ記事に関する感想・質問などを随時受け付け中です。

感想・質問などはコメント、レビュー依頼などは以下の「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

pitaka-magez-case-5

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメントする

目次