MENU
記事内に広告を含む場合があります。
このサイトの記事内には広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。
当サイトが使用しているWPテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
まさにAirPods Proキラー。次世代ノイキャン搭載のワイヤレスイヤホン「EDIFIER NeoBuds Pro 2」レビュー!」チェックする

【TRUEFREE O1 レビュー】5,000円で買える!ながら聞きに最適なハイコスパ耳掛けイヤホン!

このサイトの記事内には広告及びアフィリエイトリンクを掲載しています。
truefree-o1

どうも、みっちです。

最近流行っている耳掛けイヤホン・オープンイヤーイヤホンですが、皆さんはなにか1つ持っていたりしますか?

実を言うと、僕は普段ヘッドホンを使用していて、最近はQCYより発売されている「H3」というヘッドホンをよく使っています。

そんな中、TRUEFREEというオーディオ会社の方から「ウチの耳掛けイヤホン使ってみてくれない?」とのお誘いがあり、提供していただけることに。

というわけで今回は、TRUEFREEより発売されている耳掛けイヤホン「TRUEFREE O1」をレビューします。

初めて耳掛けイヤホンを購入する方にはもちろん、スポーツやトレーニング時にイヤホンを使う方にオススメのイヤホンです。

TRUEFREEより頂いた特別クーポンも要チェック!

【TRUEFREE O1 特別クーポン】
クーポンコード:NPPYO5SK
割引率:5%(他クーポンとの併用可能)
使用期限:2024年1月28日 23:59 まで

TRUEFREE O1のポイント

・16.2mmダイナミックドライバーを搭載
・60msの低遅延ゲームモードに対応
・ENCノイズキャンセリング搭載
・最大45時間のバッテリー持ち

本製品はメーカー様からの提供を受けて執筆したものですが、忖度はしておりません。


目次

TRUEFREE O1の特徴・スペック

TRUEFREE O1」は、オーディオメーカーであるTRUEFREEから発売されている耳掛けイヤホン。

価格は5,000円弱と抑えられているにも関わらず、16.2mmダイナミックドライバーを搭載し、アプリによるイコライザーカスタマイズ、マルチポイント接続、低遅延モードにも対応。

また、カラーはブラックの1色のみとなっています。

TRUEFREE O1のスペック

TRUEFREE O1」の詳しいスペックは以下の表の通りです。

製品名TRUEFREE O1(オーワン)
価格5,380円
カラーブラック
接続方式Bluetooth 5.3
対応OSiOS / Android
アプリiOS / Androidともに対応
イヤホン形状開放型・空気伝導式
ドライバー種類16.2mmダイナミックドライバー(低音補強アルゴリズム)
ノイズキャンセリング機能の種類ENCノイズキャンセリング
連続再生可能時間イヤホン単体:最大10時間
ケース使用:最大45時間
タッチジェスチャー操作対応
マルチポイント接続対応(最大2台)
防水規格IPX4
音声コーデックAAC / SBC
充電ポートUSB-C

TRUEFREE O1のメリット・デメリット

TRUEFREE O1のメリット・デメリットについては以下の通りです。

TRUEFREE O1
総合評価
( 4 )
メリット
  • マルチポイント接続に対応
  • 軽いので長時間使用しても疲れない
  • ゲームモード接続で低遅延にできる
  • バッテリー持ちが良い
  • アプリでイコライザー調整ができる
  • 生活音を聞き逃さずエンタメ消費ができる
デメリット
  • 端末によって相性問題がある
  • タッチ操作が難しい
  • ワイヤレス充電には非対応

TRUEFREE O1の詳細レビュー

では、ここからはいつも通りレビューに移ります。

まずはパッケージと付属品についてです。

パッケージ・付属品

こちらがパッケージの様子。

開封すると、ケースとご対面です。

truefree-o1

箱から全部出すとこんな感じ。

左からケース&イヤホン、説明書、充電ケーブルとなっています。

truefree-o1

充電ケーブルの形状はUSB-A to USB-Cとなっていました。

truefree-o1

説明書もしっかりと日本語に対応しています。

本体デザイン

truefree-o1

ケース+本体はこんな感じ。

真ん中にあるポタンがペアリングボタンとなっています。

こちらが本体になります。

カラーはブラックとなっていますが、実際はブラック寄りのグレー&ピアノブラックのツートンに近いです。

truefree-o1
「TRUEFREE」上の部分がタッチセンサーとなっている

「TRUEFREE」とプリントされている部分の上がタッチセンサーとなっており、ここをタッチすることでジェスチャー操作ができるようになっています。

専用アプリ「TRUEFREE」でカスタマイズが可能

TRUEFREE
TRUEFREE
開発元:深圳市星科启创新科技有限公司
無料
posted withアプリーチ

TRUEFREE O1には、専用アプリである「TRUEFREE」が用意されており、アプリと接続することでイコライザー設定、ゲームモード設定、ホワイトノイズライブラリの種類を設定することができます。

truefree-o1

こちらがホーム画面。

ところどころ日本語がおかしいのはまぁ許容範囲ないかなと。

「デュアル接続関数」というのは、多分マルチペアリング機能をオンにするかオフにするかといった感じだと思います。

イコライザーの種類が豊富

TRUEFREE内で用意されているイコライザーの種類は、9種類と割と多めです。

加えて自分好みにカスタマイズすることも可能なので、音質設定で困ることはないかと。

また、カスタムしたイコライザーは名前を設定して保存することもできるため、いちいち設定し直す手間もありません。

アダプティブイコライザーの設定も可能

TRUEFREEのアプリを使用してイコライザーを設定する場合、イヤホン側がユーザーに最適なイコライザー設定をしてくれる「アダプティブイコライザー」にも対応しています。

アダプティブイコライザーを使用したい場合は、イヤホンで測定をする必要があります。

といっても測定自体は簡単で、低音〜高音で音が聞こえたらタップするだけ。

昔学校の身体測定でやった聴力検査と同じ感じです。

truefree-o1

測定が終わると、設定結果がこのような形で表示されます。

僕の耳だと、中音域がわりとカットされていました。

マルチポイント接続が便利

truefree-o1

TRUEFREE O1はマルチペアリング機能が搭載されており、最大2台のデバイスと同時に接続することができます

ただ、AirPodsのように使っているデバイスを自動的に認識して勝手に切り替えてくれるわけではなく、切り替える際は手動で設定する必要があります。

僕の場合はMacBook AirとiPhone、もしくはMotorola razr 40sの組み合わせで設定しています。

低遅延でゲームも楽しめる

truefree-o1

TRUEFREE O1はゲームモード(低遅延モード)にも対応しているため、ワイヤレス接続でも低遅延でスマホゲームを楽しむことができます。

FPSなどの音の遅延がシビアなゲームをよく遊ぶ方にとってはなかなか良いのではないかなと思いますね。

生活音を聞き逃すことなくエンタメ消費ができる

truefree-o1

TRUEFREE O1はいわゆる「オープンイヤー型」のイヤホン。

耳を直接塞ぐことがないので、生活音を聞き逃すことなくゲームや動画などのエンタメ消費をすることができます。

僕の場合だと、荷物が届くちょっと前に集中して作業したいときや、料理中などで重宝していますね。

ENCノイズキャンセリング搭載で通話音質がクリア

TRUEFREE O1は、通話の際の環境音をカットしてくれる「ENCノイズキャンセリング」を搭載しています。

そのおかげか、通話をしていても相手にはクリアな音質で聞こえるようです。

僕の方でも友人と実験してみましたが、「イヤホンをしているわりにはよく聞こえるよ」とのこと。

一応車通りの多い大道路でも通話してみましたが、「みっちが話した際はたまに車の音が入ってくるけど、黙っていれば殆ど入ってこない」といった感じでした。

ENCノイズキャンセリングについて詳しく知りたい方は、SOUNDPEATSがウェブページを出してくれているのでそちらを一度チェックしてみてください。

端末によっては相性問題あり

truefree-o1

TRUEFREE O1はiPhoneでもAndroidでも使用できます。

ただ、端末によっては相性問題があるらしく、ペアリングがうまく行かないことも。

僕の場合は、一番最初にMotorola razr 40sでペアリングしようとした時に接続が安定せずなかなか繋がらなかったり、接続が完了しても即座に切れてしまうことがありました。

一度きちんと接続したら起きることはなくなりましたが、端末によっては繋がらないなどの相性問題があるのかもしれません。

タッチ操作が少し難しいかも

truefree-o1

TRUEFREE O1は耳掛け部分にタッチセンサーが搭載されています。

このタッチセンサーをタップして曲を飛ばす・戻る・一時停止・再生などの操作をするのですが、このタッチ操作が意外とシビア。

もちろん僕が耳掛けイヤホンに慣れていないというのもあるかもしれませんが、スポーツをしながらジェスチャー操作をしようとするとわりと誤爆することが多かったです。

個人的には、タップ感度の調整機能などをアプリ側に設定してくれるとありがたいかなと感じました。


【TRUEFREE O1 レビュー】5,000円で買える!ながら聞きに最適なハイコスパ耳掛けイヤホン! まとめ

truefree-o1

今回はTRUEFREEより発売された、ENCノイズキャンセリング搭載の耳掛けイヤホン「TRUEFREE O1」をレビューしました。

5,380円という価格ながら16.2mmダイナミックドライバーを搭載し、アプリによるイコライザーカスタマイズ、マルチポイント接続、低遅延モードにも対応しているというコスパっぷり。

【TRUEFREE O1 特別クーポン】
クーポンコード:NPPYO5SK
割引率:5%(他クーポンとの併用可能)
使用期限:2024年1月28日 23:59 まで

さらに今ならクーポン利用で定価よりも安く購入できるので、コスパの良い耳掛けイヤホンを探している方はもちろん、ながら聞きできるイヤホンやスポーツ時に使えるイヤホンを探している方は、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

最後までご愛読いただきありがとうございました。


弊ブログでは、製品のレビュー依頼やブログ記事に関する感想・質問などを随時受け付けています。

感想・質問などはコメント、レビュー依頼などは以下の「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

truefree-o1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

\記事のシェアもお願いします/

コメント

コメントする

目次